« 本日より!博多大丸 POP UP SHOP | トップページ | 令和5年度 実技講習『象がん』@宮崎県立美術館 »

気になる美術館。

結局、建築が好き。


気になってた美術館シリーズ。


東京都渋谷区立『松濤美術館』


ずいぶん前の話に取り上げていた、

静岡市立芹沢銈介美術館」と同じ設計者


白井晟一の建築で。


そこでは、

学芸員による館内建築ツアーに参加出来るタイミングがあり、ものすごく興味深かった。


タイミングとしては、

国立民族学博物館コレクションのビーズの展示会で、

これもまた興味をそそる展示会でした。


そして、

このコレクションを持つ、

国立民族学博物館も好きな施設の一つだったりします。


好きは繋がっていくものなのかもなと改めて思ったり。


そして人とも出会っていく、、、

私の作るものもそんな存在になれるような作品作りをしていけるように頑張りたいと思いました!



🔜 2023.08.02(wed)-08.08(tue)

   静岡伊勢丹 6F  (SHIZUOKA)


🔜 2023.08.16(wed)-08.21(mon)

   鶴屋 6F  (KUMAMOTO)


🔜 2023.08.23(wed)-08.29(tue)

   丸善丸の内本店 4F (TOKYO)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


DAMASQUINADOR

〈ダマスキナドール〉

スペイン語で『象眼師』


熊本の伝統工芸である肥後象眼とスペインの伝統工芸であるダマスキナードの融合した作品を制作しています。


熊本は刀の鍔や銃身等、スペインは甲冑やサーベル等に施される細工として、鉄に24K18K、シルバーが素材で、命をかけて命を守る道具に装飾されていた技術です。


日本の「侘び寂び」の世界に、スペインの華やかな装飾美を融合させた世界観をお楽しみください。

Img_0528Img_8670Img_8668Img_8669Img_8666Img_8685

|

« 本日より!博多大丸 POP UP SHOP | トップページ | 令和5年度 実技講習『象がん』@宮崎県立美術館 »

日々のこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日より!博多大丸 POP UP SHOP | トップページ | 令和5年度 実技講習『象がん』@宮崎県立美術館 »